チームビルディング研修

コミュニケーションが良く一体感のあるチームをつくるためのスキルを身につけていきます。

 

持続的に成果の出るチームとは、どのようなチームでしょうか?

私たちは、「コミュニケーションが良く一体感のあるチーム」と考えています。

では、そのようなチームをつくるために何が必要でしょうか?

私たちは、2つあると考えています。

 

1.チームの目標をメンバー全員で共有すること

「こういう雰囲気のチームにしたい!」「メンバー同士がこのような関係のチームにしたい!」

この想いがチームで共有できないと、みんながバラバラの行動をとり迷走することになります。

一方、共通の目標があれば全員が一丸となって、その実現に向けて行動できます。

結果、チームとして持続的に成果を出せるようになります。

 

2.メンバー同士が協力する関係を築くこと

私たちは、子供の頃から周りと競争する環境で育ちました。

そのため、同じチームなのに相手と協力するより、競争してしまう傾向があります。

そうなると、味方同士で足を引っ張ったり、相手を蹴落としたりと自滅への道を歩む恐れがあります。

一方、協力関係があれば、お互いが補完し合うことで、個人の実力以上の成果を出すことができます。

それが全員であれば、チームとして大きな成果をあげることができるようなります。

 

では、どうすれば目標を共有したり、協力関係を築くことができるのでしょうか?

私たちは、以下の2つが大事だと考えています。

 

①目標の共有

チーム全員で理想のチーム像を話し合い、自分がチームに貢献できること(目標)を決めること

メンバー全員で話し合って目標を決めることで、目標達成へのコミットが高まります。

また、自分がチームに貢献できること(目標)が明確になるためモチベーションも上がります。

 

②協力関係の構築

相手の良い点をみつけてホメたり、相手を応援するメッセージを伝えること

人は欠点や失敗に目が行きやすいため、無意識でいると叱りや批判が多くなる傾向にあります。

しかし、積極的に良い点をみつけて些細なことでもホメると人間関係は良くなります。

また、相手を応援するメッセージを伝えることで強固な信頼関係を築くことができます。

 

研修では、この2つを実践するための基本的なスキルを講義とワークを通して身につけていきます。

 

<チームビルディング研修の概要>

目的 チームワークの発揮に必要なスキルを身につける
方法 知識を身につける「講義」とスキルを身につける「ワーク」を実施
内容(*1) 1.チーム内でのホメと叱りのバランスを考える(ホメ方のコツを知る)
2.チームと個人の目標を設定する(チームに貢献することを決める)
3.相手に応援メッセージを伝える(相手をやる気にさせるコツを知る)
進め方(*1) ワーク(課題について受講生が単独・チームで考えて発表する)
講義(課題について講師が解説をして理解を深める)
共有(ワークと講義の内容について受講生が感想を話し合う)
対象者 リーダー、チームメンバー
人数 4〜20名
場所(*2) クライアントの指定する場所(会社の会議室など)
料金(*3) 半日(3時間):20万円(税別)
1日(6時間):30万円(税別)

(*1)内容と進め方は一般的な例です。お望みに応じてクライアントごとに決めていきます。

(*2)会議室などを別に借りる場合、別途費用が発生します。

(*3)料金はご相談に応じます。内容をカスタマイズする量に応じて料金を決めていきます。

 

<お申し込み手順>

STEP1 問合せフォームへの記入 ご相談事項等をご記入ください
STEP2 倶楽部より連絡 打合せの日時・場所等を決めます
STEP3 打合せ 御社の悩みや課題をヒアリングします
STEP4 倶楽部より提案 御社に合う研修案を提案します
STEP5 契約の締結 条件や内容を盛り込んだ契約を締結します
STEP6 研修実施 契約締結後、研修を実施します

(*)「問合せフォーム 」はこちらです。

 

<リーダーシップ研修>
リーダーシップ研修の概要はこちらです。

 

<お問い合わせ>
悩み、課題、ご要望、ご不明な点など、まずはお気軽に何でもご連絡、ご相談ください。
ご連絡は、こちらのフォームよりお願いいたします。
倶楽部より折り返しご連絡いたします。

 

<コーチング体験>
倶楽部では、お気軽にコーチングを体験できるコースをご用意しています。
詳しい内容はこちらです。

 

 

▼シェアをお願いいたします!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

info@mbaleadersclub.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP