リーダー語録:木村佳司さん1

2016.11.19 (土)

再生・細胞医療の研究から細胞加工プロセス開発、特定細胞加工物や再生医療等製品の治験薬製造から商業生産に至るまで、再生・細胞医療の商業化ワンストップサービスを提供する株式会社メディネットを創業した木村さん。創業8年で東証マザーズ市場に株式を上場し、再生・細胞医療のグローバル・リーディングカンパニーとして事業を大きく拡大されています。今回は、ご自身のキャリアや会社の事業展開などについてお話しいただきました。

 

人生に無駄なことは何一つない

 

私は、幼稚園に入る前からひどい小児ぜん息を患い、小学校も中学校も休んでばかり。学校行事もほとんど不参加。体も痩せていて「こんな状態で大きくなれるのかな?」と不安だらけでした。転機となったのは高校で剣道部に入ったこと。当初はランニングをしても、みんなの1/3くらいしか走れませんでしたが、2年になると一番早く走れるようになり、剣道でも初段をとるまでになりました。すると、驚いたことに、これまでどんな病院にかかっても治らなかったぜん息が完全に治ったのです。そのとき「病気って自分の身体が持っている治癒力が治すんだ!」と気づきました。

 

高校は進学校で成績も悪くなかったのですが、大学へは行かずに就職しました。中学生のとき父を亡くしたため、「母の負担を減らしたい」と考えたからです。就職先は姉の嫁ぎ先が経営する染物屋。ただ、この染物屋は少し変わっていて、昼は通常の営業をしていますが、夜は染料の研究をしていたんです。しかも、本場ドイツで研究をしていた方を技術顧問に招き、最先端の研究をしていました。「この染料と別の染料を混ぜるとどうなるか?」このような研究が面白くてたまらない。時間を忘れて没頭したことで、研究の何たるかを自分なりに知ることができました。

▼シェアをお願いいたします!▼

関連する投稿

現在の記事: リーダー語録:木村佳司さん1

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

info@mbaleadersclub.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP